1. TOP
  2. コラム
  3. 自民党都連の小池百合子都知事への嫉妬

自民党都連の小池百合子都知事への嫉妬

 2016/10/25 コラム
この記事は約 3 分で読めます。 3,507 Views

一昨日は東京10区、福岡6区の衆議院議員の補欠選挙であった。下馬評通りに与党が野党連合を破るも、自民党支持者の心中は穏やかではないだろう。

東京10区は小池百合子都知事の知事立候補により補欠選挙だ。自民党都連も候補者を擁立し、他の候補者を応援すれば親族の投票行動まで処罰対象になると通達していたのだ。これは脅迫に該当するであろろうし、党員でもない身内の投票行動にまで口出しをする人権侵害で憲法違反である。都連トップの石原伸晃とドン内田は大敗の責任をとり都連の要職を辞職したが、脅迫と人権侵害の責任はとっていない。憲法を理解もせず、やくざまがいの行動を自民党は黙認したのである。それが証拠に石原伸晃はTPP担当相を辞職しておらず、国会議員としてなんの処分も受けていないのだ。

今回の若狭勝議員の東京10区の自民党公認も、公募の立候補者を擁立するシュミレーションにてトリプルスコア負けでギリギリに公認した有様だ。現在、圧倒的な支持率をほこる自自民党がこの情けなさかと落胆した。彼は、自民党公認ではない小池百合子都知事を応援し、自民党公認の増田寛也は落選した。小池百合子都知事本人には注意もなく、若狭国会議員にも口頭での注意だった。しかし、伏魔殿都議会の傘下にある区議会議員は応援したという理由で離党勧告である。100万票ではすまない大差でまける立候補者を擁立し、自党のやる気ある小池百合子都知事を公認しなかったのは、石原伸晃の愚行である。気に食わなくても勝てるなら公認するのが自民党ではないか。離党勧告に相当する行為をしようと圧勝が予想されれば公認するのである。都連トップの石原伸晃&ドン内田のほうこそ、党本部の姿勢つまり自民党の方針に逆行したのである。

自民党ならずとも公認候補以外の応援は離党に相当するのであろう。しかし、国会議員のみが党員でもなく地方議員や一般党員、選挙では有権者がいるのである。党員や有権者を納得させられない候補者を押し付ける選定眼のないトップこそ離党勧告をだすべきであろう。都連の要職は辞職するもTPP担当相の留任とはどこまで国民をバカにするのか。有権者は自民党の都合など知らず、党員にNO.と言われる候補者をごり押しし脅迫することこそ、自民党の恥、汚点である。信念で地元議員の小池百合子都知事を応援した区議会議員ではなく、個人的に嫌いと苛め抜いた公私混同の石原伸晃の処分こそが自民党党員および支持者の望むところだ。

写真:わかさ勝FBより

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
障がい児の親としても、障がいとの共存を模索しながら、子供たちと共に成長を目指す発展途上中の母親。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 最低な株主総会だった2021テレビ朝日HD。 過剰な警備、生配信なし、ろくな回答なし。 何か後ろめたいものでもあるのか!

  • 株主総会2021みずほHD~システム障害続きの東京五輪パートナー~環境、脱炭素社会への取り組みの質問&役員のやり取りに注目!

  • 株主総会2021エネオス~カーボンニュートラルへの挑戦~

  • 株主総会2021日本郵政~自分のことには棚に上げ、他人には厳しい役員はご退場を~

関連記事

  • 死ぬな!親より先に。逃げろ、生き抜け!

  • 【主婦が嫌いなタイプ・与謝野信】応援団=嫉妬老人集団

  • 失業率改善=アベノミクス効果✖ 少子高齢化による労働者不足◎

  • 【今こそ、立ち上がれ!連合 叱咤激励街宣】2018.5.15

  • 『日本語教育の強化』こそ国の一大事業だ!『安易な英語導入』に反対する。

  • 経歴詐称の蓮舫VS.抽象論の晋ちゃん