1. TOP
  2. コラム
  3. 生産者も消費者【もやしの叩き売りは不当!】原価上昇でも10円?15円?

生産者も消費者【もやしの叩き売りは不当!】原価上昇でも10円?15円?

コラム
この記事は約 3 分で読めます。 2,411 Views

天候不順による野菜の高騰や品薄に反して、価格の優等生のもやし。

色白で痩せている児童を「もやしっこ」と揶揄する言葉もあったそうだが、ビタミンCの栄養価も高くひ弱なイメージと中身は大違いの野菜。火の通りの早いので楽ちん素材でもあり、忙しい主婦にとって大助かりの野菜。

もやしは、大まかに分けて3種類。一般的なみどり豆種、日本古来からの黒豆種、大豆もやし。我が家はほっそりしながらも、しゃきしゃきした歯ごたえの黒豆種を選ぶことが多い。大豆もやしは豆がついているもやしで、韓国料理のナムルなどに使われ豆の分、食べごたえがある。普通もやしと言えばみどり豆種で、デフレの今、働く主婦が増えた今、大人気の野菜である。

安くて助かると思っているだろうが、配送や豆の原価、生育期間のコスト、設備のコスト、袋のコストや販売コストを考えると10円や15円の特売は安すぎるのだ。それどころか、毎日の特売野菜となると、農家への支払いはどうなるのであろうか?スーパーの赤字目玉商品ということもあるが、天候に左右されないモヤシは値上げしにくい野菜であり、一度下げるとそのまま常に特売野菜となっているようだ。

もやし農家の実情はどうなのであろうか。500軒あった農家が100軒消えたそうだ。やっていけないからである。この度、原料の豆の価格高騰に耐え切れず、もやし農家が不当な値下げに抗議したと聞いた。大好きなもやし、ぜひ1袋50円程度で販売して、もやし生産を続けて頂きたい。

生産者がつぶれては食べることができないことを、買い物する私達も自覚すべきである。そして生産者も他の物やサービスの消費者であり、消費者である私達も他の物やサービスの生産者でもある事を忘れてはいけない

 

【我が家の子供大好きメニュー】

①にらと一緒にさっと茹でて、ゴマドレッシングでサラダに。色もきれいで、お弁当には、汁を切ってさらに擦りごまを追加すると水分漏れも心配もなし。

②チヂミやお好み焼きの生地に混ぜると、ヘルシーでカロリーダウン。

③餃子の餡にも。豚ひき肉にキャベツか白菜、ニラとニンニクのご家庭も多いだろうが、翌朝が心配な方にも是非。ニラとニンニクの代わりにモヤシのみじん切りで。(新玉ねぎの時期は新玉ねぎも入れると甘みがさらに増し、子供も食べやすく、野菜餃子も楽しい。)

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTAクラス委員、小学校PTA委員代表、幼稚園クラス委員。
地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員&会計。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 科学も知的財産の価値も分からない『日本経済新聞』は反知性のクズ紙

  • 乳がん検査『マンモグラフィー』初体験~日本の行政サービスは最高~

  • 命の水『水道民営化』~都内サラリーマンからのご寄稿~

  • 『東京五輪は無理』海外メディアの指摘に恥を感じろ!

関連記事

  • 五児ママの料理教室Vol.3【エコ・クッキングに参加してきました♥】

  • 石原伸晃がTPP担当相?不安をあおる自民党に怒りしかない。

  • 第3次改造内閣【不支持理由は総理。国民の希望課題は経済80%憲法改正29%】

  • 小池百合子はカマキリ夫人

  • 防衛省は『母体保護』をどう考えるのか?~女性潜水登場を危惧するVol.1~

  • 保守が共産党支持?秋のイベントや伝統行事を妨害する【晋ちゃんの迷惑解散】