1. TOP
  2. 抗議街宣
  3. 【ペンは折れたか?文藝春秋よ。 病と闘う人には厳しく、世襲議員にはヨイショ】抗議街宣

【ペンは折れたか?文藝春秋よ。 病と闘う人には厳しく、世襲議員にはヨイショ】抗議街宣

 2018/01/24 抗議街宣
この記事は約 2 分で読めます。 9,167 Views

直木賞芥川賞を主宰し、かつては管理職のサラリーマン必読と言われた文藝春秋の月刊文藝春秋と数々のスクープ記事で世を沸かせた週刊文春が最近おかしい。
自らの病と闘いながら妻の介護をしている人が安らぎのひとときを求めることは罪なんだろうか?

小室哲哉氏の曲で青春を過ごしたファンは今や40才を過ぎ、早い人は親の介護に直面している人がいる。
そんなかつてのファンは華やかなスターの介護という話で再び彼の音楽を聞き、流れた歳月に自分のこれまでの人生に思いをはせているのではないだろうか。
「小室さんも頑張ってるから、私も頑張ろう」ダンスミュージックの帝王から一人の弱き男になった彼に向ける眼差しは厳しいものだろうか?

育児でも孤独な子育ての若いママは話し相手がいれば癒される。人は人に癒しを求めるものだ。

文春砲を飛ばす相手は違うだろう!銃弾より破壊力ある砲を使う相手は介護で疲れた一人の弱い男か?それはいじめだ。

月刊文藝春秋はどうだ?
昭和49年、月刊文藝春秋は今太閤、時の内閣総理大臣田中角栄を[田中角栄、その金脈と人脈の研究]で退陣に追い込んだきっかけを作った。

しかし本年早々発売された月刊文藝春秋の見出しには目が点になった。
作家の塩田七生と小泉進次郎が対談。なんと進次郎議員をかのアレキサンダー大王に模して対談企画
アレキサンダー大王を持ち出すセンスはにおったまけだ。日本の農業を破壊せんとし活躍し、正社員は恵まれすぎていると宣う進次郎を将来の総理大臣へとヨイショしているではないか!

今太閤を追い込んだペンは今や世襲の人寄せパンダをヨイショに使っていた。様々な業界で日本と日本人の劣化と衰退が指摘されている。

日本一の出版社も時代な潮流には逆らえないということか。

「ペンは剣よりも強し」たしかそんな言葉昔聞いたような気がする今の日本である。

1月24日文藝春秋本社までの抗議動画を添付する。

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

オスカル太郎

この人が書いた記事  記事一覧

  • 北大『ドーム構想騒ぎ』にみる日本の貧弱な教育投資「民営化すればいいってもんじゃない!竹中よ」文科省Vol.2

  • 『世界都市博』をひっくり返した江戸ッ子・青島幸男氏に捧ぐ。

  • デパートに行こう! 目を肥やす絶好の場所💖~安物買いに慣れた日本人には別格の夢空間~

  • 『母体保護』から女性戦闘機パイロットを危惧する~自衛官の人出不足と福利厚生を考えるVol.2~

関連記事

  • 経団連は移民推進を即刻やめよ! 平成28年1月15日 経団連への抗議街宣

  • 【抗議街宣】舛添の都政を許さない~あんたも同罪だ、都議会議員【平成28年5月18日】

  • 黒田日銀総裁の辞任を求む!庶民は「緩やかな回復基調」を感じない【日銀本店前・抗議街宣のご報告】

  • 国難は経団連だ。勤労者と家族を泣かすな!

  • 自民党抗議街宣【平成28年4月12日】

  • 都政と都民を放置プレイ、知事はバイトか。【竹中平蔵と東京を目茶苦茶にしたい百合子知事】