1. TOP
  2. 抗議街宣
  3. 「表彰するよりお米を下さい。」安倍政権への抗議街宣

「表彰するよりお米を下さい。」安倍政権への抗議街宣

「同情するなら、金をくれ!」かつて、有名な子役はドラマでこう 叫んだ。

私ならば、「表彰するなら、米をくれ!」と叫びたい。

自民党の元参議院副議長の山東昭子議員が今月21日、党役員連絡 会にて「子供を四人以上産んだ女性を厚生労働省で表彰することを 検討したらどうか」と発言(朝日新聞より)し、ネットでも批判が 相次いでいる。

失われた20年・・・

不安定な派遣や契約社員という非正規雇用が増加し、その日その日 をやっと暮らすだけで、預金はできない。恋愛する時間や、交通費 すら事欠く。以前ならばお節介なお見合いを斡旋する身内も近所の人も、パー トタイマーで働くのでそんな時間もない。結婚難民があふれる日本。

35歳以下の男性で、正規雇用と非正規雇用の既婚率の差は2.5 倍。収入が不安定なため結婚も出来ず、ローンも組めない非正規雇用。12月にボーナスという企業もあるだろう。しかし、貰ったことがないから分からない若者もいる。それどころか、年末年始の休みで収 入が減るというのが派遣の実情だ。

勝ち組?たる正規雇用が結婚できたとしても、消費増税、毎年上が る健康保険、控除のカットで、多くの労働者の生活もやはり苦しい 。

産婦人科を見ればわかる。30-40ぐらいの既婚の経産婦が、経 済的理由で三人目をおろすことは案外多いのだ。見れば態度で、出 産か中絶か検査か分かってしまう。どこが先進国なのか。妊娠、出産、中絶は女性に大きな負担である。結婚するしないこと も自由であり、命懸けの出産を強制される覚えもない。授かり物で あり、子宝に恵まれず苦しむ夫婦も少なくない。

そのような出産を上から誉めてつかわす?時代錯誤もいい加減にし ろ!経営者が労働者にしっかり給与を払い国がプライマリーバラ ンスの黒字化と喚いかず、医療や福祉や教育に財政出動し、インフラ投資などの公共投資をすればいいのだ。

私達は女性として、産む数での女性をラン ク付けすることも、独身や子供を産まない女性を苛めることも、断 固、拒否する

 

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTAクラス委員、小学校PTA委員代表、幼稚園クラス委員。
地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員&会計。

この人が書いた記事  記事一覧

  • インタビュー企画Vol.3【主婦から見える日本の風景~飲食店パート勤務】

  • 現金払いを差別するのか!カード社会は借金を抱える地獄道まっしぐら~消費増税~

  • 10月でも熱中症で救急搬送~無理すぎる東京五輪~

  • 科学も知的財産の価値も分からない『日本経済新聞』は反知性のクズ紙

関連記事

  • 【主婦によるJA応援街頭宣伝】のご報告  

  • 【抗議街宣】株主総会を終えて経団連へ街宣【平成28年7月13日】

  • 言論の自由を奪う憲法違反を許さない!街宣in国会議事堂正門前

  • 【日韓断交アクションin外務省】街宣報告

  • さざれ石の会主催による「経団連凸街宣」 平成27年9月16日

  • 【都庁前抗議街宣】舛添東京都知事と都議会への抗議を行いました【平成28年6月10日】