1. TOP
  2. コラム
  3. 朴槿恵の韓国は【シナ朝鮮売国商人連合会(別名経団連)】が支えます!

朴槿恵の韓国は【シナ朝鮮売国商人連合会(別名経団連)】が支えます!

 2016/11/02 コラム
この記事は約 3 分で読めます。 5,537 Views

女帝朴槿恵の機密情報漏洩、世界のサムスンの端末火災による凋落、資金難によりコンテナ船が入港できない・・・最近の韓国は、政治も経済も大混乱で隣国として心配でならない。日本人は人がいいので、1000年恨まれても哀れみポーズをとられると手を差し伸べてしまう。そして騙される。人間として騙すよりは騙されるほうがいいのだが、政治や経済のトップは別である。

現在、日本の国内政治ではアメリカ様に媚びるためのTPPのごり押しに加え外交も多忙で、朴槿恵大統領へお金を恵むためのご招待やプーチン大統領の訪日などの過密なスケジュールが組まれている。朴槿恵大統領は韓国のTOPであり、自身の機密情報漏洩でご多忙の中のお招きは申し訳なく、中止の申し出をすべきであろう。日本男性は紳士であり、安倍総理は日本男性として隣国の女性に先方から断らせるようなことはせず、日本の都合で中止を申し出たらどうであろうか。東京オリンピックで自民党と東京都がもめている日本にお招きするのは心苦しい、とでも言っておけばいいだろう。

それでは困るという朴槿恵大統領には日本の3大経済団体の一つ経団連がお支えするので問題はない。隣国は領土など政治的に揉めているのが当たり前で領土問題は常に解決しないことがグローバル基準である。ゆえに永遠に解決せずとも不利にならなければ日本国民も文句はない。殺害や誘拐、財産の略奪がなければ永遠ににらみ合う覚悟を国民としては持たなくてはいけないのだ。生命が関わらない範囲の領土問題はあいまいでも譲らない姿勢が日本人に求められているだろう。

経団連の榊原会長は韓国ツウとして知られており、親中派でもある。昨年11月カルビーが工場一式を1元で売却しても撤退した中国に一月後には東レと中国の合弁工場を造るという売国奴である。この工場は水処理膜の工場で水争奪戦が起こっている世界情勢からみても世界各地で望まれる技術で、日本は世界TOPだ。技術流出は東レのみならず同様の事業を行う三菱などの日本企業にとっても深刻な問題だ。それを経団連会長自ら行うとは信じがたい。

榊原会長は中国の奴隷であり、朴槿恵大統領とは気が合うであろう。300回ほど韓国に訪れているそうで、言葉や文化も習熟しているのではないだろうか。GDPの4割を輸出にたよる韓国は、主要な輸出先中国の経済後退により苦戦している。世界のサムスンも苦戦しているが安心してほしい。榊原会長が韓国もTPPに加盟させてほしいとわめているのだ。以前アメリカ様に断られたのに、勇気のある榊原会長。安倍総理もアメリカ様に朴槿恵大統領のために一緒に頭を下げてくれるかも知れない。スキャンダルで支持率低下でも、命が危うい時も朴槿恵大統領には岸信介の孫安倍晋三がいる。経団連の榊原会長もいる。日本国民は、混乱する韓国に榊原会長を差し上げようではないか。榊原会長には日韓友好の証として韓国に移住し骨をうずめて欲しい。彼も本望であろう。

写真:経団連HPより

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

家事育児が苦手なマイペース専業主婦で、息子と娘の母親。
さざれ石の会会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTA役員、小学校保護者の学年会計、幼稚園前役員&現新体制移行担当、地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員。

この人が書いた記事  記事一覧

  • インタビューVol.2 【技術革新でブラックからバラ色の運送業界】

  • 殺す気か!何を食べたのか分からない恐怖!【遺伝子組み換えの表示が消える?】

  • 【水は天からの恵。国民の財産だ。民営化は許さない!】全国保守女性連合 街宣30.1.9

  • 五児ママ料理教室Vol.6「七草がゆはいかが?」「お節料理も大変身💛」

関連記事

  • 「博打場カジノより火葬場を作れ、林文子」さざれ石の会の提案。

  • 【男の美学】をみせる前川前事務次官~ヤクザ映画を思い出す~

  • 自民党都連の小池百合子都知事への嫉妬

  • 国益重視のトランプ氏vs.竹中平蔵らに操られる安倍晋三の詐欺政権

  • 林文子横浜市長に告ぐ「カジノ禁止条例を制定せよ」

  • 日本の風景を破壊した『大店法』改正とトイザらスの関係