1. TOP
  2. コラム
  3. 国体は護るもの?護られているの?~韓国料理店でフルコースと共に~

国体は護るもの?護られているの?~韓国料理店でフルコースと共に~

 2017/08/19 コラム 取材・散歩
この記事は約 4 分で読めます。 1,053 Views

お盆の帰省ラッシュのピークが過ぎたものの夏休みムードもまだ残る都内・・・神楽坂でランチタイムを友人と過ごした。

生ビールで乾杯(ジョッキ、グラスとサイズあり、キリンとアサヒ)し、極上コースをチョイス。(コースは昼夜兼用で、ランチメニューもある。)

前菜
●キムチ盛り合わせ●カンジャンケジャン●海鮮チヂミ●直火肉野菜炒め

前菜3品で満腹になるほどで、肉野菜炒めが〆の気分。2品目のカニは身を食べたあとにご飯と刻みのりを入れてカニ味噌とあえて食べる。肉野菜炒めも赤いものの辛さは感じないほどだった。(写真は全て2人前)

メイン(4種から選択)●最高級黒毛和牛・焼肉盛 をチョイス。食事(4種から選択)●特選ソロンタンをチョイス(これにご飯がつく)。最後に梨ジュース。

黒毛和牛ゆえ、さしが多く女性なら一切れでも十分なほど(写真は全て2人前)で、わさびと岩塩が添えられている。個別に醤油とたれも提供された。

韓国料理について話しながら、ふと国体の話になった。友人は「よく国体を護ると言うが、国民は国体に護られているのだ。」と発言した。私は前者の考え方だったので調べてみると・・・

国体とは、『八木秀次によれば“ある国の基礎的な政治の原則”。事実上、日本の事象に特化した政治思想用語であり、特に「天皇を中心とした秩序(政体)」』とウィキペディアに記載がある。なるほど、前者の原則と考えれば国体を護ることになり、政治思想用語として秩序と考えれば護られていることになるのだろう。

前者の一般用語としての国体を考えた時、日本の国体とはなんだろうか。基本的な原則と捉えると、政治だけにとどまらず、文化や風習や宗教的な儀式など日本が今まで継続してきたすべてのことだと私は捉える。政治と思うと難しいし、宗教というと特殊な感じがするかも知れないが、毎日の生活のことである

お寺のそばに居住地を選びながら、除夜の鐘がうるさいと文句を言う、餅つきがあれば衛生面が心配だと文句を言う。これは国体を揺るがす一部だと私は考える。神社、お寺は日本に根付いており、居住者より先にあったにも関わらず、否定する。やむえず回数を減らすところもあるが、煩悩の数で108回という理由があるのに、それが犯されている。また餅つきは衛生面ににつての提案をすればいい話で、地域行事のなどは気になるならば食べなければいいのだ。イベント会場ではそのようなクレームにより餅つきが除外されることが出てきている。これらも日本の伝統文化や行事が根絶やしにされようとしていることなのだ。都心において、杵やうすは個人での所有は少なく団体所有かレンタルが大半だが火気使用ができる場所が少なく大変難しいうえにクレームなのだ。丸めるのは手袋をはめることが多いがこねるのには素手が多いからかも知れない。食べるのは自由にもかかわらずクレームを入れる人がいるのだ。

これはたった2例だが、今後もこのようなことは増加するであろう。なぜなら安倍政権は移民推進(直近の移民人数は世界5位)をしているからだ。日本人が海外に行っても日本食が恋しいように彼らにも文化や風習があり、当たり前が違う

移民は高度人材、留学&就職による移民ロンダリング、パソナなど派遣会社により国家戦略特区への外人派遣(農家に外人派遣をする特区がこの度成立)など様々な形で日本を変える。これは良しあしではない。

フランスのシャンゼリゼ通りもメッカへの礼拝で道路が通行止め状態に毎日なるし、イギリスの王宮もモスクにしろ、イスラムに回収しなければ王室は出ていけという声過激な声も上がる。ロンドンは6割が移民になり、イギリス人は郊外に移住している。スウェーデンは郊外が移民居住地のようになりスウェーデン人は近づけない。これが国体が崩壊するということなのだ。

尖閣諸島やでっち上げ南京大虐殺は許せないが、私は中華料理を好んで食べる。しかし、材料は国産を選び日本の農家に活躍して頂きたい頑張れ、優秀な日本の農家国民は日本の農家と運命を共にするのだから国産の農作物、魚介類、畜産物を選ぼう。

写真:人生初体験のマッコリ(米のお酒で小麦などを加えることもあるらしい。)

 

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

家事育児が苦手なマイペース専業主婦で、息子と娘の母親。
さざれ石の会会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTA役員、小学校保護者の学年会計、幼稚園前役員&現新体制移行担当、地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員。

この人が書いた記事  記事一覧

  • インタビューVol.2 【技術革新でブラックからバラ色の運送業界】

  • 殺す気か!何を食べたのか分からない恐怖!【遺伝子組み換えの表示が消える?】

  • 【水は天からの恵。国民の財産だ。民営化は許さない!】全国保守女性連合 街宣30.1.9

  • 五児ママ料理教室Vol.6「七草がゆはいかが?」「お節料理も大変身💛」

関連記事

  • 二重国籍の蓮舫議員を擁護?売国奴・自民党二階俊博

  • 全農に経営感覚?【グローバリスト小泉進次郎の利益より国民の胃袋が大事】

  • 韓国には遅すぎ・甘すぎの菅官房長官【ガースー砲=単なるガス抜き】に騙されるか!

  • 【平成の側用人】朴槿恵には崔順実。安倍晋三にはパソナ竹中平蔵。

  • 特例法の特例【自民党法務部会による暴走】

  • 東京オリンピック【皇室・憲仁親王妃久子様の政治利用】