1. TOP
  2. コラム
  3. 米原子力空母カール・ビンソンが日本海にへくる状況とは?

米原子力空母カール・ビンソンが日本海にへくる状況とは?

 2017/04/22 コラム
この記事は約 2 分で読めます。 1,533 Views

アメリカ原子力空母を中心とする空母打撃群が月末までに日本海に到着する予定だそうだ。日に日に緊張が高まる朝鮮半島。有事などないにこした事はないが、有事になれば外務省も自衛隊も何も手も打てないことを日本人はわかっていない。圧倒的多数と支持率が高い安倍政権は、その強みをいまこそ活かすべきである。危険地帯につき渡航自粛勧告だ。

無策に思える安倍政権のアドバイスが報道されたので、漸く動いたかと思ったら、「ミサイルが飛んで来たら地面に伏して頭を隠せ」とアドバイスをする。安倍内閣には何の知恵も対策もなかった。
戦前・戦中「爆弾が落ちてきたら防空頭巾をかぶりましょう。」と言っていたそうだ。それを聞いた時、無知と無策で多くの国民が苦しみお亡くなりなったことを悲しく思った。朝鮮半島有事が起こった場合、後世の人々は平成の安倍内閣は「ミサイルが飛んで・・・」を聞き私と同じ思いを抱くだろう。無知・無策で邦人は焼け死んだと。太平洋戦争であれほど日本中が苦しみ、また同じ思いを在韓邦人がするのか。同胞として耐えがたい苦痛である。

主戦場はソウルだ。一刻もソウルを離れ、漢江を渡っておく必要がある。そうすれば何とかなる。
北朝鮮のロケット砲は、最初の一撃で金浦空港・仁川空港・漢江を破壊してソウルから逃げられなくするのは明白だ。
5万7千人の在韓邦人の多くはソウルにいる。自衛隊は救助にいけないこと、アメリカの空母打撃群が月末までに日本海に到着する予定であることの意味を考えて欲しい。軍事力行使も排除せず北朝鮮と対峙するというアメリカの姿勢をのんきに眺めている場合ではないのだ。

 

写真:毎日新聞

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTAクラス委員、小学校PTA委員代表、幼稚園クラス委員。
地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員&会計。

この人が書いた記事  記事一覧

  • インタビュー企画Vol.3【主婦から見える日本の風景~飲食店パート勤務】

  • 現金払いを差別するのか!カード社会は借金を抱える地獄道まっしぐら~消費増税~

  • 10月でも熱中症で救急搬送~無理すぎる東京五輪~

  • 科学も知的財産の価値も分からない『日本経済新聞』は反知性のクズ紙

関連記事

  • 【大型連休・キッズウィーク?】夏休みの混乱必死の迷惑企画。

  • 消費税15%で経済再生???石原伸晃の愚行

  • 初企画インタビューVOL.1【コンビニ経営者】留学という名の出稼ぎ

  • 現金払いを差別するのか!カード社会は借金を抱える地獄道まっしぐら~消費増税~

  • パチンコ屋と仲良しの議員に【GPSつきJアラームを】(Jアラーム≠Jアラート)

  • 子供の下着はヒートテック?ボディクーラー?【子供の肌にいいの?】