1. TOP
  2. コラム
  3. 石原伸晃がTPP担当相?不安をあおる自民党に怒りしかない。

石原伸晃がTPP担当相?不安をあおる自民党に怒りしかない。

 2016/10/31 コラム
この記事は約 3 分で読めます。 1,768 Views

明日から11月。自民党は秋の国会でTPPの議論を終わらせたいようだ。しかも不思議なことに本日15:30ごろには内閣府のHPで閲覧できた20年前のTPPの骨子の記録が、17:30には閲覧できなくなってしまった。別のページに移動したのかもしれないが、この時期になんとも不親切である。

未だに疑問点だらけで不安が募るTPP。しかも担当大臣があの石原伸晃。彼は親が伸晃君と呼ぶ真の愚息。父親の石原慎太郎都知事に都の銀行を提言し周囲の反対をよそに石原慎太郎が強行するも大失敗。勿論、今に至るも反省のかけらもない。財政豊かとは言え、このような事態に都民も不信感しかないだろう。
ましてやTPPは国際条約であり、簡単にやめます、とは言えるものではない。かつ全国民がその対象になるのだ。国際条約の大変さはEUからの離脱か在留かでイギリスが国民を2分する国民投票になったことは皆様も記憶に新しいことと思う。離脱でも在留でもイギリス国民に大きな傷を残したのだ。TPPが日本にとり、このようなリスクがあることを多くの国民も石原伸晃も理解しているとは思えない。

日本の技術者は優秀であり、企業の技術投資と努力する姿勢を誇りに思う。例えば、石油高騰に対応し低燃費の車を造りアメリカ市場でも不動の地位を築き、世界のTOYOTAをはじめ日本の車メーカーは世界のトップを走っている。日本でも税金の安さもあり、軽自動車は大人気だが、軽自動車の税金が安いのはおかしいとアメリカ様は現在言っているのだ。TPPが発動された場合、軽自動車の税金が安いことを輸出の障害だと訴えられる可能性が高いだろう。現在のディーラーシステムも障害だとアメリカ様は言っているのだ。ドイツはディーラー制度を日本での販売に際し導入したが、アメリカ様はそのようなことはしない。ディーラー制度の導入はしないし、車のハンドルも変えることなく、日本にご指導くださるのだ。
この自動車の輸出による対日本の貿易赤字にお怒りになったアメリカ様は、牛肉オレンジの自由化を日本におしつけた。自由化とは聞こえがいいのだが、そのオレンジには日本でもアメリカ国内でも使用禁止の薬剤が使われており、日本は国内法を変えアメリカ様でも使えない薬がまぶされた柑橘類を輸入することになったのだ。それは今も変わずまぶされたオレンジやグレープフルーツを輸入する下部の日本の現状だ。

つまりアメリカ様が自由貿易の障害だとおっしゃれば、アメリカ様の新自由主義の信者である、安倍晋三・小泉純一郎&進次郎、そしておバカな世襲議員の御指南役・竹中平蔵は喜んで法律を変えて売国奴っぷりを発揮するであろう。そして、TPP担当相の石原伸晃はどう鑑みても一般国民より賢いとは思えない。愚鈍な石原伸晃を担当大臣にすえたままTPP推進をする自民党に怒りを覚える。

写真:石原伸晃公式サイトより

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTAクラス委員、小学校PTA委員代表、幼稚園クラス委員。
地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員&会計。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 内閣府の闇vol.2~携帯電話にも口出しする民間議員・大田弘子「オバサン、あんた誰?」~

  • 横浜飲み歩き【焼き鳥屋も個性をもとめて~吉田類さん気分~】

  • インタビュー企画Vol.3【主婦から見える日本の風景~飲食店パート勤務】

  • 現金払いを差別するのか!カード社会は借金を抱える地獄道まっしぐら~消費増税~

関連記事

  • 【男の美学】をみせる前川前事務次官~ヤクザ映画を思い出す~

  • 日本の若者を優先&非正規の中高年も正規雇用せよ【移民労働はいらない】

  • ノーベル賞受賞の山中教授の学術研究も資金難~海外バラマキではなく日本人の研究に投資せよ~

  • 【大型連休・キッズウィーク?】夏休みの混乱必死の迷惑企画。

  • アメリカに利用される裸の王様、太陽に憧れる暗闇の石原慎太郎

  • 岸博幸に考える【コメンテーター不要論】