1. TOP
  2. コラム
  3. 日本と死ぬ覚悟はあるのか?【米にまで口出しするロバート・フェルドマン】

日本と死ぬ覚悟はあるのか?【米にまで口出しするロバート・フェルドマン】

昨年末になるが、私は4人の学友と忘年会ランチで楽しいひと時を過ごした。その場にはいた既婚者は2人であったが一人はコーカソイドの男性もう一人はハーフ男性と結婚していた。夫婦の会話は前者は英語のみ、後者はブレンドのようだった。独身女性2人うち、一人は短期とはいえイギリスに留学しており勿論英語はOK、残る一人も学生時代の海外旅行でも英語を駆使していたのでOK。子供の教師とたどたどしい英語で話すことすら苦慮するのは私だけという現実に苦笑いしてしまった。

掲題に入ろう。TVで良く見かけるコメンテーターに、ロバート・フェルドマンという男性がいる。ご存知の方も多いだろう。
彼は16歳の時に交換留学生として愛知県南山高等学校で一年間過ごす。その後イェール大学(経済学・日本研究学士)を経て、マサチューセッツ工科大学において経済学博士を取得するが、大学時代も日本語を忘れないよう1年間日本にきているのだ。卒業後は野村総合研究所、日本銀行で研究業務、その後国際通貨基金(IMF)勤務を経て、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券において主席エコノミストを務めたというスーパー経歴の人物である。
彼は文字通りのエリート街道を進み、2009年よりモルガン・スタンレーMUFG証券において日本担当チーフアナリスト及び経済調査部長を務めており、TVでもたびたび目にする。しかし彼のような人物が交換留学生として1年過ごしたのち、大学進学後も途中で1年日本にきて、卒業後日本で生活するのは少し不思議な気がする。優秀な方なので就労ビザは問題ないのは承知だが経歴を知り疑問に思えてきた。

そんな彼の民間業務はいいとして、経済財政諮問会議に設けられた「日本21世紀ビジョン」専門調査会の「経済財政展望」ワーキンググループ委員を務めることはどうなのだろうか。彼はあくまで外国籍のビジネスマンである

ロバート・フェルドマンが前述の経済財政諮問会議にて出したアイデアは多岐にわたるが、農耕民族である日本の農業に対してこのようなアイデアを出しているのだ。
(⇒以降は五児ママの私見である。)
・減反制度を廃止する⇒主食の米の自給調整は日本国民が選択すべきだ。
           食糧安全保障の観点から外人様の口出しはお断りだ。
・米価設定を廃止する⇒農家の保護は国家にとり当然のことでヨーロッパの農家の収入は9割は補助金
           主食の米に対して外人様の口出しはお断りだ。
・JAの独禁法免除を外す⇒全農は日本資本のみで株式会社ではなく利益追従をしないことが利点である。
            全農ブレインが遺伝子組み換え作物の輸入せずモンサントが利益を最大化できず。           
・農地不動産信託の導入⇒農地を金儲けの対象にせず、住宅などへの転売などの不安
            素晴らしいなら、日本ではなく自国で提案してほしい。
・法人の農地保有解禁⇒農家は個人や家族のために農協など協同組合を作っているのだ。
          ローソンやパソナに解禁し外人への農業開放の国家戦略特区と併用
          外国人を農地に派遣する算段は冗談ではない。
          しかも外人労働者へのマージンは非公開ではないか。

細身のイケメンの日本語通の外人さんなどと感心していたが、なんで外人様に日本の食糧安全保障について言われなくてはならないのか腹がたった。ろくなアドバイスではない。確かに彼はビジネスマンゆえ、金儲けだろうが銭ゲバだろうが自由である。
しかし、安倍晋三よ、なぜ日本人が外人に主食や食糧の安全保障について口出しされねばならないのだ。
経済財政諮問会議は、安倍晋三のお気に入りご指名会議ではないか。外人様は優秀でも、日本が沈みゆくとき運命はともにしない。その義務もないのでお断りだ

先に話した友人のコーカソイドの旦那様は東日本大震災の際、即日、妻である友人と生またばかりの我が子を東京から九州に移した日本で生活し社長として生計を立てている彼も祖国I国へ。私は東日本大震災の2日後に出産したため産院でそれを知った。日本で生計をたて日本人の妻と子がいても、有事や災害時にはこれが現実なのだ。

例えどんなに優秀であれ、同盟国の方々であれ、日本が最悪の時に運命を共にしない外人様の日本への政策介入は拒否する。

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

家事育児が苦手なマイペース専業主婦で、息子と娘の母親。
さざれ石の会会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTA役員、小学校保護者の学年会計、幼稚園前役員&現新体制移行担当、地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員。

この人が書いた記事  記事一覧

  • インタビューVol.2 【技術革新でブラックからバラ色の運送業界】

  • 殺す気か!何を食べたのか分からない恐怖!【遺伝子組み換えの表示が消える?】

  • 【水は天からの恵。国民の財産だ。民営化は許さない!】全国保守女性連合 街宣30.1.9

  • 五児ママ料理教室Vol.6「七草がゆはいかが?」「お節料理も大変身💛」

関連記事

  • 経団連=経済音痴・・・投資は大失敗の間抜けな集団

  • 観光立国なんてお断り。日本は技術立国だ。

  • 安い労働力を求めて、日本人下げ【選民意識のグローバリスト・安斎隆セブン銀行会長】

  • 安倍政権の幹事長・二階俊博【派閥内は不倫&ゲス祭り、外交は売国まっしぐら】

  • 【グローバルな政府はお断り!】カタカナ外来語に注意せよ。

  • 朝のJアラート「5分で逃げるのも自己責任?」運用面に問題山積だ!