1. TOP
  2. コラム
  3. 【世界基準はグローバリズム】という時代遅れ

【世界基準はグローバリズム】という時代遅れ

コラム
この記事は約 3 分で読めます。 4,028 Views

 グローバリズムの発祥地はどこか。それは先日EU離脱を国民投票で決めたイギリスである。彼らは、「ブリティッシュ・ファースト」と主張して僅差とは言えEU離脱を決めた。
また、イギリスから始まったグローバリズム最大の覇権国家はアメリカであろう。このアメリカ大統領選を見ると、「アメリカン・ファースト」の機運が高まっているのがよくわかる。共和党のトランプ候補はTPPは国家主権の喪失になるので反対と唱え、日本や韓国という軍事同盟国に、金銭的負担の増加を求めている。民主党のヒラリー候補はウォール街の代弁者だが、TPPをより自国に有利にすべく再交渉を主張している。ヒラリー候補に敗れた民主党の候補者であったサンダース氏もTPPに反対していた。

 日本の保守がべったり信奉するアメリカの対外戦略も様変わりしてきた。世界の警察と言われたアメリカもオバマ大統領がそれを放棄する発言をし、結果として南シナ海における中国の暴走を許している。オバマ大統領は移民2世である。アメリカの国益や歴史の認識が足りないことを露呈した。
 第2次世界大戦において、日本は300万人以上の犠牲を払い、アメリカも多くの犠牲を出した。その戦利品の一つが南シナ海であった。石油を輸入に頼る日本にとっても南シナ海を経由が必須であることは、戦争当時も現在も変わっていない。野田聖子自民党議員が、南シナ海に日本の権益はない、との発言をしたが彼女も国益と歴史を学んでいない政治家である。南シナ海を巡って日本とアメリカが衝突し、ここは日本の生命線の一つでもあり、海洋国家であるアメリカにとっても公海の自由航行は譲れない国益なのである。

 グローバリズムを生み出し、牽引してきたイギリスとアメリカ。この2国がそろってナショナリズムに移行している。彼らは差別や排斥をしようとしているわけではなく、自国の主権を守り移民についても主権を発動するという姿勢をとっているに過ぎない。文化や習慣や宗教などが違うため、国という単位で固まることは悪ではない。みんな一緒がいいという人は自宅を開放して集団生活できるか考えて欲しい。自宅はほしいだろうし、各家庭でのルールだってあるのである。国家によってルールが違うのは当然であろう。自宅を開放せずして国家を開放しろというのは矛盾している。

 日本は、不幸なことに左右関係なくグローバリズムを邁進中である。先駆者が方向を変えても自爆まっしぐらで、日本国民に反グローバリズムを提言する政党がないことは悲劇である。そして、評論家もイギリスのEU離脱にまで国益をそこねるとコラムを新聞に掲載して国民をあおったり、トヨタなどは従業員に離脱反対を押し付けるなど経済界の内政干渉も甚だしい。世界の潮流はナショナリズムであって、頭の切り替えができないのであれば老若男女問わず、トップとしてふさわしくないと私は思う。

写真:ウィキペディアより

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

家事育児が苦手なマイペース専業主婦で、息子と娘の母親。
さざれ石の会会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTA役員、小学校保護者の学年会計、幼稚園前役員&現新体制移行担当、地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 通商産業省はどこにいった?日本売りに精を出す亡国の官庁【経済産業省に抗議】

  • 『横浜米軍機墜落事故』をご存知ですか?~母子像が私たちに語るもの~

  • 【寄稿Vol.5 くすのき鈴成氏】美しい日本って『何が美しいか知ってから言え!』~現役塾講師の視点~

  • 都民の口封じを許さない!『排除好き』の小池百合子に『迷惑防止条例』を適用せよ。

関連記事

  • 今年も年金負担が増加・・・9月は小泉純一郎と竹中平蔵を思い出す。

  • 約束は無意味。【徴用に個人請求権の韓国は国際条約を破っても世論】

  • 【預金できない若者たち】派遣社員・教育ローンは他人事ではない

  • 【平成の側用人】朴槿恵には崔順実。安倍晋三にはパソナ竹中平蔵。

  • 自民党都連の小池百合子都知事への嫉妬

  • 消費税増税10%=法人税減税25%へダウン【子供を増税のだしにするな!保護者をバカにするな!】