1. TOP
  2. コラム
  3. 夏休み・ポケモンイベント&横浜市長選挙にGO!【選挙も子供と楽しもう♪】

夏休み・ポケモンイベント&横浜市長選挙にGO!【選挙も子供と楽しもう♪】

明日は横浜市市長選挙。選挙は雨だと出かけない、晴れるとレジャーとも言われるが、夏休みは親子で遊んじゃえ!と思えば結構楽しいイベントだ。私がハマッコにお勧めするのはお出かけ前に選挙に行って、涼みながらポケモンイベントを楽しもう♪というプランだ。子供は大人の世界を垣間見るようで、照れくさそうに小学生も同行する。

さて、夏休み。。どこに行くにも暑いし混んでる。出来るだけ涼しく汚れない所に行きたいと思う親御さんも多いのではないかと思う。

横浜みなとみらいでは今年もポケモンのイベントが開催されている。『ピカチュウうきうきお出かけチュウ
ピカチュウスタンプラリーが、ランドマークタワーとマークイクズみなとみらいで行われており、子供達と回ってきた。

建物の中は涼しく、様々な店舗や飲食店も多く終日あきることはない。トイレも綺麗でおむつ替えにも困らない。しかし桜木町駅やみなとみらい駅からすぐのためどの飲食店は開店と同時に満席になりがちである。2時でも行列の店舗も少なくない。

そこでお勧めなのが、みなとみらい駅すぐのマークイズみなとみらいの四階にある東京ガスのショールームだ。料理教室のスペースは勿論だが、1980年と現代の住まい、お風呂、キッチンのdisplayなどがあり、各コーナーに自由に入ることができる。ガス料理を提案するコーナーもあり、ここでの今回の試食はパイナップルケーキ。子供も満足、私は調理器具に心奪われ・・・

すまいの違いを感じるコーナーでは、1980年のDKと現在の対面式キッチンなどを実物展示で体験でき、湿度や温度の差を感じることもできる。

白い放射線状のオブジェのような写真は椅子で、ショールームに複数あり、休憩すると子供でも離れたくないようだった。ご高齢の方やパパ?が休憩する姿も(笑)。

休憩しようとしても飲食は30分以上並ぶのが当たり前の休日の横浜みなとみらいだが、このショールームは涼しくリラックスできて子供も満足の空間だ。新居やリフォームを考える方も夢が膨らみ楽しくなるに違いない。受付があり要望には応えるようになっており、料理などのコーナー以外はスタッフもいないので自分のペースで気軽に満喫できる。販売員に勧められることもなく、快適な空間でショールームというよりリラクゼーション施設に私は感じた。

同フロアーには複数の飲食店があるが、フードコートは順番待ちの飲食店より混雑がマシなので、待つのは苦手な方は軽食で利用するのも手だと思う。私のおすすめは、その場で作るからちょっと待つけど果物感がたまらないソフトクリームやスムージーなどの「果汁工房果琳」。季節ごとの限定のフルーツや定番もあるが、ソフトクリームもひとつずつその場で作るので美味しい。

写真は果実工房の今回のおすすめ、東京ガスのモデルルームの一室、東京ガスのバスルームの展示。ストロベリーの種のプチプチ感は私の娘の一押し♥。

今回の横浜市長選挙。大都市にありがちな低い投票率の横浜市長選挙だが、今回はぜひポケモンイベントなどのレジャーと組み合わせて投票してから遊びに行ってほしい

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTAクラス委員、小学校PTA委員代表、幼稚園クラス委員。
地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員&会計。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 開催をずらすor中止しかない東京五輪 2020『私・俺の時代』は通用しない

  • 【フジメディアHD株主総会体験記】議事進行の酷さが目立つ。夢大陸入場者の大幅改竄水増し疑惑も噴出。夢は台場にカジノか。

  • 日産株主総会に行ってきました。~若者が車を買える日本を取り戻したい!~

  • 酷暑オリンピックと消費増税の2020年日本~衰弱していく国を憂う~

関連記事

  • 自然災害で減給?地方公務員を襲う不条理に思わず涙~除雪代金も日本にないのか!~

  • リアル主婦の敵だ。ヒーロー安倍というメルヘン信者は迷惑だ。

  • 英霊に土下座する安倍総理に違和感・・・

  • 噂の築地市場&内田ロードツアー 【築地場外とピンク色の移転先】

  • 【今こそ、立ち上がれ!連合 叱咤激励街宣】2018.5.15

  • 満州で戦争末期を迎えた12歳の少女の体験談を聞いて