1. TOP
  2. コラム
  3. 【泣き女・安倍昭恵】普通の主婦?主婦をバカにするな!

【泣き女・安倍昭恵】普通の主婦?主婦をバカにするな!

 2017/03/26 コラム
この記事は約 3 分で読めます。 10,840 Views

「早く人間になりたい」は、妖怪人間のせりふ。 昭和の妖怪岸信介の娘が安倍洋子。 彼女はゴットマザーとも呼ばれる安倍晋三総理のご母堂であり、安倍昭恵夫人の姑である。

 最近のマスメディアによると、昭恵夫人に対して大層ご立腹だそうだ。嫁姑・・・ここでもあるのか、と思った方もいるだろう。飛んでる気さくなアッキーを、厳しい姑が苦々しく思い叱責する。そんな構図が目に浮かぶ・・・わけがない。そんな構図に騙されるのはお人よしの男性か、もの知らずな女性である。世間の日本女性はそんなバカではない。妖怪の娘が、好き勝手させるはずがないのだ。嫁姑の間で苦労する安倍総理が気の毒だと同情を得たいのだろうが、古臭い手法は平成ママには通じないどころか反感をかうだけである。輝く女性と強引に女性を家庭から引きはがした結果は、女性の気持ちが分からない女性を多く生み出し、家庭の主婦へのアプローチが下手になったと感じる。アッキーも主婦の気持ちが分からない鈍い女性の一人だ。

わたしは普通の主婦なのにと泣いて見せる。

あちこちで泣いて見せる。同情されると思っているのだろうか。普通の主婦は人前で泣いて歩くなど恥知らずなことはしない非常に主婦をバカにした言動である。アッキーと同じ主婦などと言われたくない。

思い出したのが、隣国の泣き女。意味もなく泣くところがそっくり。男性もよく泣くお国柄で、文化の差を感じていたが内閣総理大臣夫人が泣き女とは国民の恥なので、出歩くのは控えて頂きたい。

年上ママに泣き女アッキーのことをどう思うか聞いてみた。「松田聖子の嘘泣きを思い出す。くっさい芝居は通じねーよバカ。」だそうだ。聖子ちゃんの歌、好きなんだけど・・・とは言えずに頷いてアッキーの悪口に花を咲かせた。これが主婦の実情で、アッキーに普通の主婦と言われるのは迷惑この上ない。

写真:産経新聞より(2月24日プレミアムフライデーのイベントに登場の安倍総理大臣夫人)
最新室内トーク11【アッキーは女帝?口利き屋?】https://youtu.be/u6BC7m6jjdO (アイアイチャンネルの登録もお願いします。)

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTAクラス委員、小学校PTA委員代表、幼稚園クラス委員。
地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員&会計。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 開催をずらすor中止しかない東京五輪 2020『私・俺の時代』は通用しない

  • 【フジメディアHD株主総会体験記】議事進行の酷さが目立つ。夢大陸入場者の大幅改竄水増し疑惑も噴出。夢は台場にカジノか。

  • 日産株主総会に行ってきました。~若者が車を買える日本を取り戻したい!~

  • 酷暑オリンピックと消費増税の2020年日本~衰弱していく国を憂う~

関連記事

  • 【ヒステリックな朝日新聞叩き】と【日韓合意の安倍政権の大罪】

  • 老舗は信用の証

  • プレミアムフライデー?「生活苦しいのに消費できるか(# ゚Д゚)」

  • 郵便はがきが62円?【東芝・日本郵政を地獄に叩き込んだ西室泰三81歳】

  • 約束は無意味。【徴用に個人請求権の韓国は国際条約を破っても世論】

  • 経歴詐称の蓮舫VS.抽象論の晋ちゃん