1. TOP
  2. コラム
  3. 10億円で慰安婦問題解決は嘘。世界に誤報が事実として浸透した最悪の事態。

10億円で慰安婦問題解決は嘘。世界に誤報が事実として浸透した最悪の事態。

 2016/11/01 コラム
この記事は約 2 分で読めます。 3,736 Views

悪夢のような昨年12月28日。日韓合意による基金設立&10億円の拠出に保守層からは悲鳴があがった。年末の掃除もおせち料理作りにも気乗りせず、ため息ばかりの方も多かっただろう。その一方、外交的勝利だ。と評価する声もあったが、外交文書もなく外交的勝利とは抽象的な言葉による自慰か詐欺師のささやきにしか聞こえなかった。

それから十ヶ月の月日が流れた。基金への10億円の支出は安倍総理のもと閣議決定された。外交的勝利、ガースー砲、と叫んだ人々がいう勝利とは何だったのであろうか。ウィーン条約違反の偽売春婦像は1mmも移動せず、ますます信仰を深め、なんと手のひらサイズ(サイズは3種類で大きさにより金額が異なる)の持ち運び偽売春婦像がお守りのごとく販売されるまで炎上してしまった。残ったのは10億円の支出と、事実だから支出したのだという国際的な誤解が浸透定着したのが実態である。

アメリカのメディアでは10億円が10億ドルと誤報され、強制連行はなく18歳以上の女性を募集していたにも関わらずインドでは少女どころか処女の強制連行にまで歪められて伝えられてしまった。岸田外務大臣は粛々と説明すると発言するも、誤報を掲載した新聞にお詫びと訂正記事の要求はいまだにしていない安倍総理のインド訪問も岸信介とインドの感動的な話が新聞をにぎわすも、誤解をとく努力は一切されなかった

日本国民をだまし討ちにした安倍総理と岸田外務大臣は、日本人を処女を誘拐して強姦しつづけたロリコンの性犯罪者と世界に誤解を植え付けたのだ。そもそも宮澤喜一と河野洋平が諸悪の根源ではあるが、誤解を解き続ける活動を一気に真逆にした売国奴コンビが安倍晋三と岸田文雄である。安倍晋三は朴槿恵の夫候補でもあったうえ、宮澤喜一の甥である宮澤洋一参議院議員と岸田文雄は従兄弟である。売国奴の血筋が自民党を腐敗させ、日本を貶めている現状に憤りを感じる。

写真:ロイター/アフロ代表撮影の画像より

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

家事育児が苦手なマイペース専業主婦で、息子と娘の母親。
さざれ石の会会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTA役員、小学校保護者の学年会計、幼稚園前役員&現新体制移行担当、地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員。

この人が書いた記事  記事一覧

  • インタビューVol.2 【技術革新でブラックからバラ色の運送業界】

  • 殺す気か!何を食べたのか分からない恐怖!【遺伝子組み換えの表示が消える?】

  • 【水は天からの恵。国民の財産だ。民営化は許さない!】全国保守女性連合 街宣30.1.9

  • 五児ママ料理教室Vol.6「七草がゆはいかが?」「お節料理も大変身💛」

関連記事

  • 逆ギレ・他人に責任転嫁【バカっちゃま安倍晋三】キレたいのは国民だ!

  • 国の無策「つけを払う地元漁師に払ってやれ!バラマく金があるだろう。」

  • 森友学園は隠れ蓑【日本の農業を破壊する小泉進次郎ら・種子法廃止】

  • 【憲法改正のための生贄】南スーダン派兵の自衛隊と血に飢えた居酒屋保守

  • 日本の風景を破壊した『大店法』改正とトイザらスの関係

  • 枝野コール!立憲民主党の政策を勝手にチェック「ここはOK!これはNG!」