1. TOP
  2. コラム
  3. 人づくり革命?!派遣事務って何それ?【公立小中学校の先生の待遇を改善せよ】

人づくり革命?!派遣事務って何それ?【公立小中学校の先生の待遇を改善せよ】

 2017/09/27 コラム
この記事は約 3 分で読めます。 2,916 Views

人づくり革命、なんて不気味な言葉なのだろうか。人造人間を思い起こす言葉に私はぞっとした。人は育てるのであって、造るのではない。そして、育てる傍ら自らも多くのことを学ぶ。多くの社会人、親は後輩や我が子を通して感じているのではないだろうか。

教育費は家計を預かる主婦にとり非常に頭が痛い。給与が上がらず、消費税増税、保険料UPにより、衣食住だってやっとのことである。年間数万円給与が増えてもその分増税で消えるので、使えないのだ。

公立の小中学校の教員の約1割は非正規雇用である。ハローワークなどで募集しても集まらないそうだ。非常勤教員ではなく常勤教員が全体の8%を占め、彼らはクラス担任や部活顧問も請け負う子供や保護者にとっては、正規雇用も非正規雇用も分からず、同様のことを期待するが、待遇には格差がある。同世代より数万円収入が少ない、半額近いなどの声もあがる。しかも5年どころか10年以上のベテラン教員にも非常勤が少なくないことに驚くばかりだ。

学校には、教員採用試験に合格か、教員免許を所持し採用されれた、正規雇用教員のほか掲題の非常勤講師がいる。非常勤講師は地方公務員法の規定により1年以内の任用のため、継続雇用の場合は年末に一度解雇し数日後に再雇用のケースが多いそうだ。試験や資格の有無が大きいことは承知しているが、仕事内容や勤務時間はほぼ変わらないのが実態である。臨時採用ならいざしらず、教員の給与や待遇の安定は子供にもプラスであり、不安定はマイナスだと思うのは私だけではないだろう。日々の業務で教員採用試験の勉強時間の確保が難しいと聞くと、実働経験にて合格待遇を検討してほしい。そのほうが非正規講師のはげみにもなるだろう。また、現場の多忙に事務員派遣という、派遣ビジネスの話は論外である。個人データやデリケートな問題も多く、出入りが激しいところは幼稚園ですら避けるのが親である。安倍政権は子育ての当たり前からかけ離れている。

人は造るのではない。育てるのだ。教員の質の確保こそ、塾レス可能な教育環境になり真の子育て支援である。

新聞社会面「人づくりで、非正規教員は放置?」

 

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTAクラス委員、小学校PTA委員代表、幼稚園クラス委員。
地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員&会計。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 10月でも熱中症で救急搬送~無理すぎる東京五輪~

  • 科学も知的財産の価値も分からない『日本経済新聞』は反知性のクズ紙

  • 乳がん検査『マンモグラフィー』初体験~日本の行政サービスは最高~

  • 命の水『水道民営化』~都内サラリーマンからのご寄稿~

関連記事

  • 命の水、土、そして種子。議員立法『主要農作物の生産振興に関する法律案』

  • 消費税15%で経済再生???石原伸晃の愚行

  • 涙の訴えに高齢化社会を感じた【三菱UFJファイナンシャルグループ株主総会】

  • 【消費税増税・与謝野候補の落選】お祝い申し上げます。

  • 山口百恵になれない日本女性

  • 国家戦略特区と特区は違うの?国家戦略って、要するに移民推進でしょ!