1. TOP
  2. コラム
  3. 【ただ働きを押し付けるな!】2020東京オリンピック・パラリンピック

【ただ働きを押し付けるな!】2020東京オリンピック・パラリンピック

 2017/09/14 コラム
この記事は約 3 分で読めます。 20,205 Views

ボランティアと言えば、いい言葉に聞こえるが果たしてそうだろうか。ボランティアと言っても交通費などの実費が負担となれば、持ち出しの無償労働なのだ。東京周辺でも交通費はかかるうえ、遠方ならば宿泊費用、数年前から東京の宿泊費は上昇しておりオリンピックの期間はさらに高額かつ数にかぎりがあるだろう、も必要なのだ。

今回のオリンピックは正直いってひどすぎる。

都市・大会ボランティア・・事前講習の参加とオリンピック期間の空港などの案内、大会運営のボランティア

ざっと5日~10日以上の拘束(有給休暇を利用するとしても夏休みをここにあてたうえで14日以上の休暇が取得できる数年勤め上げた人材で、英語も駆使して通訳ができる人はどの程度日本にいるのだろうか。働き盛りであるゆえ、そうそう休めもしないだろう。欠勤を許す企業はスポンサーにあるかも知れないが、普通の勤務では厳しいのが実情だろう。それならば学生というかも知れないが、昨今の不景気には勉学かアルバイトで学費や生活費を稼ぐのにアルバイトだって2週間も休めばくびになる。そして、単発バイトや日雇い労働は有給休暇はなく、派遣労働も働かずば給与はでない。社会人も学生も収入が断たれれば生活が成り立たないのだ。

 

建築資材の寄付・・・この10年だけでも日本各地で災害が起こり資材不足と高騰が現状

この現状でのオリンピックなのだ。調達の困難と経費の上昇だけでなく、被災地の復興にも遅れがでるのではないかとの危惧の声もあった。それなのに寄付を求めるのは何事だ。寄付ならば被災地の復興現場が言うセリフであり、復興オリンピックではなく、復興妨害オリンピックである。

 

大学生を徴用・・・大学に単位を要請し、就活に参加証

大学の夏休み期間に重なるために数万人のボランティア募集の窓口を大学にもおき、確実に大学生を確保するのが狙いだが、学生の本文は勉学であり、生活費や学費を稼ぐ必要のある大学生も多く、交通費すら自腹で、戦争中の勤労奉仕よりひどい。

 

組織委員会、東京都の職員よ。そんなにボランティアというなら自分や家族にさせたらいいのだ。オリンピックの短期労働で給与を払うのが筋であろう。英語を話せる能力、暑い中働ける体力、運営や福祉などに携わる能力や人材をただ働きさせよとするのはおかしい。

せめて実費を負担する、有償ボランティアの募集が当然だろう。国の威信や復興アピールというが、復興を邪魔して若者(高齢者も含め)をただで働かせるというのは徴用ではないか。デフレの今である。働いた分のお金も払わない、交通費や宿泊費も自腹を強要するのではなく、東京都の豊かな財源で払ってほしい。必要なのは豪華クルーザーではなく労働対価の支払いである。

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTAクラス委員、小学校PTA委員代表、幼稚園クラス委員。
地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員&会計。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 『農水省』を解体する『経産省』~内閣府の闇Vol.3~

  • 『キャッシュレス』現場は大混乱!『みずほ銀行』は政権や五輪より顧客を大切にしろ!~間抜けな経産省~

  • 福沢諭吉先生が泣いている~慶應義塾大学元学長・名誉教授安西祐一郎君に告ぐ~文科省Vol.3

  • 2019年4月より『英検』値上げ~子育ての敵『文科省』Vol.1~『大学入試改革』は金儲け主義

関連記事

  • マクロビオテックから考える【食糧安全保障】~国産を食べよう~

  • 【しんぶん赤旗2017.10月号外】内政はナショナリズム?

  • 税金で蓄えた種苗の知見は国民の財産だ【農業競争力強化支援法?売国法をマスコミはスルー】

  • 老舗は信用の証

  • 特例法の特例【自民党法務部会による暴走】

  • 強き母・坂口良子の努力を無にすることのないように~娘・坂口杏里AV出演の話題に想う