1. TOP
  2. コラム
  3. 大阪にカジノ?万博?【大阪の電飾男・松井一郎府知事】

大阪にカジノ?万博?【大阪の電飾男・松井一郎府知事】

 2017/02/19 コラム
この記事は約 3 分で読めます。 6,129 Views

灼熱の東京オリンピック2020、おしゃれな港町・横浜のカジノを心配していたら、今度は大阪らしい。現在、大阪では2025年大阪万博に名乗りを上げているそうだ。万博というと私にとっては昔の古臭いイベントのイメージしかなく過去の話かと思いきや、これから誘致というのだ。

東京も石原慎太郎という怒鳴るばかりの税金泥棒爺さんが灼熱のオリンピックを誘致し、様々な問題が問題が持ち上がっている。地元としては2週間の混乱を危惧し、辟易しているというのが庶民感情である。運動会で「聖火ランナーをやりたい子は?」と地域のお偉いさんが壇上から聞いたが、誰一人挙手せず興味なしというところだった。イベントが好きなのは正直老人が多いのではないだろうか。通勤時の混雑や、救急車がこない不安、日々の生活で現地にいくこともテレビの生中継も働く世代には無関係なのだ。そんな現役世代の子供たちにとって、一部のスポーツ好きは別だろうが、無関係の行事で、暇であっても灼熱の東京で観戦などしたいと思うはずがない。かつての秋の東京五輪とは別なのだ。それを分からない石原慎太郎らが誘致したが、老人とアスリートしか興味がなく庶民には迷惑なイベントにすぎない。

大阪の松井府知事は、若年寄なのか万博誘致だそうだ。大阪と東京の文化の違いなのかと思っていたら、Twitterなどで大阪地元民からも反対の声があがっていた。大阪でも庶民の声をむしして、万博やカジノ構想があるということだった。ここでも庶民ファーストではなく。アスリートファースト&経済界ファーストかと思いきや、経済界もソッポを向いており、スポンサーすら集まらない状態であった。東京オリンピックは即スポンサーが集まったが、大阪万博は平昌オリンピック同様のようだ。

松井府知事は大阪府議会議員(3期)などを歴任し、住之江競艇場の照明・電気設備関係の工事・保守を一手に請け負う株式会社大通の元代表取締役である。なるほど、24時間営業の万博は家業のご都合で、庶民は万博の電飾で眠れない大阪。さらに父親は大阪府議会議長・松井良夫という世襲議員さま。
へんてこな髪型は趣味の相違だが、24時間営業の万博で実家を設けさせようとは汚いにもほどがある。ただでさえ、ギンギラの大阪のイメージで近寄りがたいが、庶民の安眠妨害とは最低な知事である。

東京では実態が分からないので、大阪出身のママ友に聞くと、子供のころの大阪は町工場があったがギンギラではなかった、河内弁はきついけど下品ではなかった、と残念そうに話した。そうか、ギンギラ下品な大阪のイメージは、松井一族の電飾と下品なお笑い番組によるものだったのか。大阪府民は、松井一族の電飾と吉本興業による下品なイメージでいいのか、スポンサーすらつかない大阪万博が大阪に貢献できるとは私には思えない

写真:ウィキペディアより

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTAクラス委員、小学校PTA委員代表、幼稚園クラス委員。
地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員&会計。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 『農水省』を解体する『経産省』~内閣府の闇Vol.3~

  • 『キャッシュレス』現場は大混乱!『みずほ銀行』は政権や五輪より顧客を大切にしろ!~間抜けな経産省~

  • 福沢諭吉先生が泣いている~慶應義塾大学元学長・名誉教授安西祐一郎君に告ぐ~文科省Vol.3

  • 2019年4月より『英検』値上げ~子育ての敵『文科省』Vol.1~『大学入試改革』は金儲け主義

関連記事

  • 【農民に共感ゼロ・農家殺しの安倍晋三】生まれ育ちは東京の成蹊学校一貫育ち

  • 【マネーゲーマーvs.米騒動の主婦】彼女たちの目から感じたこと

  • 乳がん検査『マンモグラフィー』初体験~日本の行政サービスは最高~

  • 逆ギレ・他人に責任転嫁【バカっちゃま安倍晋三】キレたいのは国民だ!

  • インタビュー企画Vol.3【主婦から見える日本の風景~飲食店パート勤務】

  • 電通株主総会【労務管理の改革はポーズだけ】