1. TOP
  2. コラム
  3. 林文子横浜市長に告ぐ「カジノ禁止条例を制定せよ」

林文子横浜市長に告ぐ「カジノ禁止条例を制定せよ」

コラム
この記事は約 3 分で読めます。 2,798 Views

観光地としても人気があり、東京23区に次ぐ人口の神奈川県横浜市。横浜市には2期市長を務める林文子市長が在任中だが、去る1月25日に市庁舎前で林文子市長への抗議が行われた。

抗議理由は、横浜市に違法賭博のカジノ誘致はするな。誘致先は海沿いの山下埠頭であるが、横には緑豊かな山下公園があり市民や観光客の憩いの場である。多くのイベントが開催されたり、のんびり家族とすごすハマッコに人気の公園なのだ。横浜市は2009年より住民税に追加して、みどり税を導入した。このみどり税により山下公園の花壇も造った。税金を追加して緑化した横で違法賭博とはどういうことなのだ。

抗議当日、林文子市長は会見にて積極的に推進してきたカジノ誘致に対して曖昧模糊な発言に終始した。カジノ誘致を否定するとも一つの案に過ぎないとも解釈できる玉虫色の発言であった。
早合点してはいけないのは、林市長が方針を変えたわけではないということだ。様々な解釈ができる発言をしたにすぎない。カジノ誘致を断念するとの発言も一切ないのである。このような曖昧な発言を繰り返すのでは横浜市民は困る

カジノ誘致を続行するのか、続行しないのであれば『カジノ禁止条例』を制定すべきである。8月には横浜市長選が行わなれるが、カジノ誘致への姿勢は大きな争点になるであろう。

賭博は中毒を産み、性風俗や借金と密接な関係がある。隣国ではカジノの周囲には質屋がならびスラム街になり街はあっという間に衰退してしまった。カジノ誘致を経済界は期待するようだが、住宅地に隣接したカジノは砂漠のど真ん中にあるラスベガスとは異なり徒歩で公共機関で出入りできること=街の衰退と認識すべきである。先日の抗議には多くの女性が参加したが、毎日の生活基盤の崩壊の危機を感じた当然の行動であろう。横浜市長たるもの、日常生活の劇的変化が予想され反対抗議もなされるカジノ誘致に対し、方針を明確にすべきである。それがトップの責務である。

写真:林文子横浜市長(ウィキペディアより)

最新動画:https://youtu.be/nXcvgZoYuM8 平成29年1月25日横浜市役所凸横浜に賭博場はいらない!

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTAクラス委員、小学校PTA委員代表、幼稚園クラス委員。
地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員&会計。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 内閣府の闇vol.2~携帯電話にも口出しする民間議員・大田弘子「オバサン、あんた誰?」~

  • 横浜飲み歩き【焼き鳥屋も個性をもとめて~吉田類さん気分~】

  • インタビュー企画Vol.3【主婦から見える日本の風景~飲食店パート勤務】

  • 現金払いを差別するのか!カード社会は借金を抱える地獄道まっしぐら~消費増税~

関連記事

  • 科学も知的財産の価値も分からない『日本経済新聞』は反知性のクズ紙

  • 【公約は尖閣諸島に公務員常駐】配慮が中国の暴走を招いた

  • 涙の訴えに高齢化社会を感じた【三菱UFJファイナンシャルグループ株主総会】

  • 第3次改造内閣【不支持理由は総理。国民の希望課題は経済80%憲法改正29%】

  • 韓国人学校の問題は?都立市ヶ谷商業高等学校跡地ツアー

  • 説明が足りない曖昧対応で信用できない【支持率急落の安倍政権】