1. TOP
  2. 【JA全農の韓国産肥料導入の真相】JAは被害者であり問題の根源はTPPにある!

【JA全農の韓国産肥料導入の真相】JAは被害者であり問題の根源はTPPにある!

 2016/08/23 異議あり!
この記事は約 3 分で読めます。 9,170 Views

肥料輸入によるコストダウン。JAが抗議を受けています。

しかし、これは序章です。

TPPのために、政府は農協を解体し農地法を変えて破壊してきました。国際的な条約を結ぶ前に国内の法律を先に変えているのが実情です。TPPを口実に日本を破棄しているのです。アメリカ様が喜ぶために。

小泉純一郎は、郵便局を破壊してアメリカ様に差し出しました。地方のインフラを破壊しました。アメリカは郵便局の保険と預貯金が欲しかったのです。

農協は、保険と預貯金を金融が、穀物メジャーも欲しくて欲しくてたまらず、日本に働きかけてきました。これは息子の小泉進次郎がやりました。アメリカ様に差し出すために。

Screenshot_2
画像出典:ウィキペディア「環太平洋戦略的経済連携協定」より

JAは堪り兼ねて生き残りを模索している被害者でもあります。

日本国民として韓国産肥料は困りますが、JAに抗議するのではなく、「国民と共に手をとって食料安全保障を政府に訴えましょう。」と励ましたいと思います。

今年の2月、私は自民党前での街頭演説にてTPPの話をしました。今回の肥料問題は想定内です。まだまだ、これから出てきます。遺伝子組み換え大豆をはじめ、日本の当たり前の食料が変わります。

安全保障は軍事だけではありません。食料やエネルギーもそうなのです。南シナ海を中国が内海化すれば、中東から石油を輸入する際に大きな影響を受けることになります。電気がない生活を考えたことがありますか?災害時を忘れましたか?

JAのこの度の決定は許せるものではありませんが、追い詰めてやらせた人間がいます。経団連ともここ数年親密だと聞いています。経団連の会長は中韓ラブの東レの榊原です。

韓国産肥料の問題は、JAではなくTPPです。これだけですまないことを覚悟しなければ、TPP推進はありえません。主婦としてTPP反対の気持ちが新たになりました。

Screenshot_1
画像出典:ウィキペディア「環太平洋戦略的経済連携協定」より

TOP画像は毎日新聞2016年5月3日 東京朝刊
密着けいざい
/1 農協改革 次は「流通」 小泉氏「徹底的にやる」より引用させていただきました。

http://mainichi.jp/articles/20160503/ddm/008/020/121000c

Screenshot_3

【左】農薬の価格差が記された資料【右】自民党の小泉進次郎農林部会長(左)は資料のデータを基に、農林水産省に対し全国調査を求めた=コラージュ・加藤早織

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

家事育児が苦手なマイペース専業主婦で、息子と娘の母親。
さざれ石の会会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTA役員、小学校保護者の学年会計、幼稚園前役員&現新体制移行担当、地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 相撲界の元寇【チーム・モンゴル】

  • 【全国保守女性連合・JA初・応援街頭宣伝】の御報告  

  • 勝てば絶対なのか?『勝てば官軍。負ければ賊軍。』

  • 有事は起きた!【国難に無策は、安倍総理だ】

関連記事

  • キューバは借金免罪で、日本人は増税。これが自称愛国者をかたる保守の望みなのか。

  • TPPは中国包囲網という嘘を撒き散らすのはどこの誰だい?アイツだ!!

  • 少子化対策は男性の正規雇用と実質賃金上昇で!子育て支援と少子化対策を混同するな【現役子育てママからの提言】

  • 保守のふりをする自民党の安倍政権、なぜ日韓スワップ再開なのか。

  • 輝く女性の押し付け=男性の給与DOWN=移民推進

  • 【摩訶不思議】掃除機の吸引力の上限を規制するEUグローバリズム