1. TOP
  2. コラム
  3. 郵便インフラ破壊ではなく原発推進を反省?【格差を肯定するグローバリスト小泉純一郎】

郵便インフラ破壊ではなく原発推進を反省?【格差を肯定するグローバリスト小泉純一郎】

 2016/11/11 コラム
この記事は約 3 分で読めます。 3,799 Views

引退した小泉純一郎元総理は、近年は脱原発の活動を積極的に行い全国で公演を行っている。引退してから原発推進を悔やみ考えを変更したそうだ。引退後に東日本大震災があり考えも変わったのかもしれない。勿論、考えの変化も構わず、堂々と表明することといいと思う。

小泉純一郎氏は、トモダチ作戦により日本で活躍した米兵が被ばくして苦しんでいるので募金活動を行っているそうだ。募金は1億円を超えたとのことで、元総理として同盟国アメリカに対して積極的な活動には頭が下がる。トモダチ作戦に参加したアメリカ兵のがんの発症率は高いそうで、ボランティアによる被ばくであれば日本国民として心が痛むのは多くの人もそうであろう。適切な治療で回復されることを願う。

かたや日本に関してだが、福島県民も原発で勤務していた人々も被ばくによりガンを発症しているとは聞かない。日本の全国の平均値と比較して震災前と後で地域格差に変化はでたのだろうか。そのような話があれば、原発反対派の攻撃材料になると思うのだが、裁判や居座り行動以外聞いたことも見たこともない。ガン保険に震災後加入したが、指定地域との関係を聞く項目もヒアリングもなかった。地震保険は地域によりリスクが異なるため地域で金額が異なる。原発により被ばくがでているのであれば保険会社(しかもガン保険は外資から始まり現在も大半が外資の保険会社)が地域により掛け金を変えるはずだが、そのようなことはなかった

東日本に近い太平洋にいたアメリカ兵が震災直後に上陸し被ばくし、現場にいた東電社員および関連の勤務者や周辺住民は被ばくがない。素人の私には理由が分からない。原発の反対賛成の際の判断材料にもなるので、政府は被ばくの格差についても調査し発表すべきであろう。

小泉純一郎元総理には、違和感を感じる。この違和感の原因は、彼が行う活動は日本人のために行われているとは思えないからだ。彼は郵政民営化も天下り廃止と大義名分を掲げるも、地方の安心安全とインフラを破壊し、郵便局にアフラッグのポスターが貼られるようになっただけだった。彼は疲弊した地方にも風評被害の福島や周辺にはふれずトモダチ作戦のアメリカ兵の話をする。原発が停止すれば火力発電になり石油や液化ガスの輸入増加になる。石油メジャーはアメリカ資本も多いから・・・と感じるは私だけではないだろう。
写真:© Asahi Shimbun Publications Inc. 提供 小泉純一郎氏(撮影/写真部・岸本絢)
最近の動画:2016.11.10 消費増税TPP推進の経団連に抗議 https://youtu.be/QgW8Lrsnc9Q も是非ご覧ください。

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅野 耀子

浅野 耀子

さざれ石の会の会員として、都内で街頭演説、室内トーク、コラム執筆。
中学PTAクラス委員代表、小学校PTA委員会代表。
地域の環境事業推進委員、ボーイスカウト家族会役員&会計。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日テレ株主総会見聞録2019.6.27~番町の不動産屋?吉本興業のパートナー?~

  • 日産株主総会見聞録2019「利益に合わせ、役員報酬を1/8にせよ」株主から指摘された西川社長

  • みずほHD株主総会見聞録2019.6.21~株価低迷どーもすいませんwww~

  • 西川君ご乱心か。貧乏神・日本経済の破壊者が『日産』役員に?株主として榊原定征前経団連会長を拒否する!

関連記事

  • 強き母・坂口良子の努力を無にすることのないように~娘・坂口杏里AV出演の話題に想う

  • 【趣味は海外旅行・安倍政権ハワイツアー】靖国神社や被災地はスルーして真珠湾。

  • 『厚労省』に異議あり!元本保証なし・新個人年金『iDeCo』は嘘くさい~2001年に消えた『厚生省』と年金Vol.1~

  • やる気満々の安倍総理とパソナ竹中平蔵と仲間たち・・・未来投資会議、設立&ご就任おめでとうございます。

  • 改革保守www。矛盾?本音と建て前?【グローバリスト宣言・希望の党】

  • 涙の訴えに高齢化社会を感じた【2017.6三菱UFJファイナンシャルグループ株主総会】