1. TOP
  2. コラム
  3. 街に歴史あり~スクラップ&ビルドを繰り返す日本は美しいか?記憶喪失になる日本人~

街に歴史あり~スクラップ&ビルドを繰り返す日本は美しいか?記憶喪失になる日本人~

 2019/10/31 コラム
この記事は約 3 分で読めます。 1,103 Views

秋は学校バザーの季節がある。PTAの役員をしているママが嘆いていた。
「紙袋が集まらないんです。レジ袋は集まるけど」
紙袋が集まらない?
そんな折り、各地のデパートの閉鎖のニュースがあった。

かつて家庭にはデパートの紙袋が沢山あったものだ。
買い物をし、品物をデパートの紙袋にいれてくれるので自然とたまっていた。

大きさは様々だから、人に何かを渡す時も大変重宝する紙袋。

それが家庭になくなったということは、デパートに行かなくなったということ。

若い世代はフル、パートと働き、優雅にデパートで買い物をする時間も経済的余裕もなくなった

閉鎖されたデパートはどこもその地域の一等地にあり、建物自体が巨大ゆえ、閉鎖後は街全体が暗くなるし、後に入る店舗は見つけにくい。

そごうデパートを見てみよう。
バブル期は[地域一番の巨艦主義]を掲げ全国に50店舗以上展開をした。

そのうちの一つ、千葉県のそごうデパート木更津店を例にとろう。

南房総唯一のデパートとし1988年に華々しく開店
しかしあっという間に売り上げ激減し2000年に閉店
近年1階は100キンだったが、今やそれも撤退し、ベンチがあるのみ。横にコンビニ。
2階はブティック2店舗が。
上階には市役所の分署がある。

駅の玄関先に巨大な廃虚があると、街全体が廃虚にみえてしまう。
近くにある日本最大のアウトレットモールの賑いと対称的すぎる駅前の光景だ

コンビニも全国で大量に出店し、最近はあちこちで閉店している。

少子高齢化は50年前から予測されていたにもかかわらず、イケイケドンドンを突っ走り、気づけば倒産、閉店三昧。

実家に帰り、若い頃通ったラーメン屋や居酒屋に行くと
「おかえり、いつ来たの?」とママやマスターに言われたらホッとする。

と同時に長年頑張ってきてお疲れ様と言いたくなる。

スクラップアンドビルドでは人の人生の記憶が捨てられてしまう。

なぜ京都奈良や古いものに憧れながら、身近なものを作っては壊しの連続なんだろう。

東京五輪も、1964年の記憶を捨て施設をぶち壊し新しく作りながら、暑いから札幌への話もある

計画性の無さ、育てることをなくした日本は目先だけに浮わつく、根なし草の漂流民族になるのではないだろうか。

写真:2019年現在「アクア木更津」

\ SNSでシェアしよう! /

さざれ石の会 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さざれ石の会 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

オスカル太郎

この人が書いた記事  記事一覧

  • 街に歴史あり~スクラップ&ビルドを繰り返す日本は美しいか?記憶喪失になる日本人~

  • 経団連をぶっ潰す!『令和の米騒動』をやるしかないのか

  • 北大『ドーム構想騒ぎ』にみる日本の貧弱な教育投資「民営化すればいいってもんじゃない!竹中よ」文科省Vol.2

  • 『世界都市博』をひっくり返した江戸ッ子・青島幸男氏に捧ぐ。

関連記事

  • 【ピンハネ屋・竹中平蔵】英語教師の派遣?「教育改革推進協議会」

  • TPPで味覚の秋も遺伝子組み換え???

  • 初企画インタビューVOL.1【コンビニ経営者】留学という名の出稼ぎ

  • 御輿は軽いほうがいい。小泉進次郎を担ぐ金丸恭文らグローバリスト民間議員

  • 祝トランプ大統領・・・グローバリズムに疲れたアメリカ国民の選択

  • 【安倍チルドレン「魔の2回生」】暴行・暴言オンパレード・・・